「香水のつけ方」- 香水コラム

香りの種類・タイプ

香水入門コラム

ブランド

人気香水ランキング

ブログパーツ

おすすめ香水専科ついて

香水のつけ方

香水をつけるタイミング

香水の香りが一番漂う時間はミドルノートの時間帯という事は「香水の香りと時間」で説明しました。せっかく香水をつけるならこの一番素敵な香りの時にお出かけできるのが一番良いですよね。そのため、香水をつけるときは外出の30分前、もしくわ人に会う30分前がベストと言えます。香水の種類によってつける量は異なりますが、基本的には上半身につける場合は1?2箇所にポイント的に、下半身につける場合は5?7箇所にポイント的に軽くつけるとよいでしょう。もしもつけすぎてしまった場合は、アルコールなどで拭き取る方法があります。

香水をつける場所

香りは下から上に広がっていく性質があります。そのため体のどこに香水をつけるかで香り方に変化が出てきます。どこにどのようにつけるのが効果的なのでしょうか。

[手首]

ここにつける人が一番多いのではないでしょうか。手首につける場合は内側につけます。手首はよく動かす場所なので一番香りを感じやすい場所とも言えるでしょう。

[耳の後ろ]

耳の後ろは体温で香りが強くなりやすい場所ですのでつける量には注意しましょう。つけ過ぎると自分が香りに酔ってしまう可能性もあります。

[髪の毛]

髪につける場合は、直接吹きかけると香りが強くなりすぎますので、シュッとワンプッシュした香水をくぐる程度でよいでしょう。そうすることでほのかな優しい香りに感じることができます。

[うなじ]

耳の裏につけた場合よりも優しく香るのが特徴です。髪とうなじの両方に軽くつけるとより効果的でしょう。

[胸]

心臓に近い部分なのでかなり香ります。つける場合は少量にしておきましょう。

[ひじ]

ひじにつける場合も内側がベストです。長袖の場合はあまり意味がないかもしれません。また皮膚が薄い場所なのでかぶれなどに注意しましょう。

[ひざ]

香りは下から上に広がりますし、下半身なのでしっかりとつけても大丈夫な場所です。食事に行く時などに香水をつけたい場合はここにつけると良いでしょう。

[足首]

ひざと同じでしっかりつけても大丈夫な場所です。ひざよりもよく動かしますので香り立ちは足首の方が良いかもしれません。

人気香水ランキング

ベビードール

評価ポイント: 5.00

レビュー件数: 1

ナイルの庭

評価ポイント: 5.00

レビュー件数: 1

エタニティ

評価ポイント: 4.00

レビュー件数: 1

グレ カボティーヌ

評価ポイント: 5.00

レビュー件数: 1

クロエ

評価ポイント: 5.00

レビュー件数: 1

MCM ルージュ

評価ポイント: 0.00

レビュー件数: 0

アナスイ スイラブ

評価ポイント: 0.00

レビュー件数: 0