「香水の種類と使い方」- 香水コラム

香りの種類・タイプ

香水入門コラム

ブランド

人気香水ランキング

ブログパーツ

おすすめ香水専科ついて

香水の種類

香水の種類と使い方

皆さんが「香水、香水」と呼んでいる商品ですが、実は細かくみると4つの種類に分けられることを知っていましたか?香水はアルコールに香料を溶かす事で作られているのですが、この香料をどのくらい溶かしたという割合(賦香率)によって呼び方が違っているんです。具体的には、賦香率が高い順にバルファン、オードバルファン、オードトワレ、オーデコロンの4種類があります。賦香率が高いほど香りの持続時間が長いとも言われています。それでは1つ1つの特徴をもう少し詳しく見てみましょう。

[バルファン]

賦香率は15?25%程度と最も濃度の高い香りで、比較的深みや豪華さのある贅沢で濃い目の香りが特徴です。英語表記でPARFUMつまりパフュームと言った方が日本人の耳にはなじみやすいでしょうか。香りの継続時間は5?7時間程度と言われています。このタイプの香水は高級な香りのものが多いので、フォーマルなシーンで使用するのがおすすめです。また、少量でもちゃんと香りますのでたくさんつけずにピンポイントに適量をポンとのせるくらいの使い方がおすすめです。

[オードバルファン]

賦香率は10?15%程度で比較的使いやすい香りとして日本人にも人気の香りです。バルファンとオードトワレの中間に位置していますがどちらかというとバルファンに近い香りが特徴です。香りの持続時間は5時間程度と言われています。バルファンが高級感のある感じなのに対してオードバルファンはもう少しカジュアルなイメージをプラスした香りと言えます。カジュアルと言ってもそこまで軽い香りではありませんので、仕事用やちょっとしたオシャレをした時などに使用するのがおすすめです。オードバルファンは適所にシュット一吹きするように使用することで上手に香りを楽しめます。

[オードトワレ]

賦香率は5?10%程度で比較的カジュアルな香りが特徴です。香り自体も柔らかなイメージのものが多く、持続時間も3?4時間と短めなのでたっぷりと使用しても嫌みのない香りです。価格もバルファンやオードバルファンに比べて手頃なものが多いので色々な香りを楽しむことができます。スポーツの後やにおいのつく仕事などをした後などに軽く一吹きするなどの使い方もできます。カジュアルテイストなのでもしも仕事用に使用した場合は、先にオードトワレを軽くつけてその後でバルファンをつけるなどすればより豪華な印象を与えることができるでしょう。

[オーデコロン]

賦香率は3?5%程度とこれまでで一番低くなっています。そのため香りの持続時間も1?2時間程度です。ただし一番手頃な価格で購入できますので、たっぷり使用しても気になりませんね。使い方としては湯上がりやスポート後、など香りでリフレッシュしたい時などにつけるとよいでしょう。誰かに香ってもらうためのものというよりは自分が癒されるための香りと言った方がよいかもしれませんね。

人気香水ランキング

ベビードール

評価ポイント: 5.00

レビュー件数: 1

ナイルの庭

評価ポイント: 5.00

レビュー件数: 1

エタニティ

評価ポイント: 4.00

レビュー件数: 1

グレ カボティーヌ

評価ポイント: 5.00

レビュー件数: 1

クロエ

評価ポイント: 5.00

レビュー件数: 1

MCM ルージュ

評価ポイント: 0.00

レビュー件数: 0

アナスイ スイラブ

評価ポイント: 0.00

レビュー件数: 0