「香水の香りと時間」- 香水コラム

香りの種類・タイプ

香水入門コラム

ブランド

人気香水ランキング

ブログパーツ

おすすめ香水専科ついて

香水の香りと時間

香りの変化を楽しみましょう

香水には色々な種類の香りがありますね。フローラルにシトラス、スパイシー、スイートなどなどTPOに合わせてその日つける香水を選ぶのは楽しいものです。でも、1つの香水でも時間とともに香りが変化していることを知っていましたか?香水の香りは時間とともに3段階で変化すると言われていて、その香りを「ノート」という言葉を使って表しているんです。「ノート」というのは香水に含まれる香りの分子や要素のようなもののことを言います。

トップノート

まず香水をつけて一番最初に感じる香りのことを「トップノート」といいます。これは最初の1分から10分くらいの間の香りで香水の第一印象を決める香りですね。トップノートに一番多いのはシトラス系の香りでしょうか。

ミドルノート

次にトップノートの香りが終わってから約2時間程度の間香り続けるのが「ミドルノート」です。ミドルノートは別名ハートノートとも呼ばれています。 基本的にはこの香りが一番大切と言われていて、香水を作る調香師と呼ばれる人もこの間の香りを一番重要視しているそうですよ。なので、大切な人に会う時などはこのミドルノートが香るタイミングを考えて、その人に会う30分くらい前に香水をつけると一番素敵な香りで会うことができるのではないでしょうか。

ラストノート

最後に香水をつけてから2時間から半日が経過した頃に香りを「ラストノート」といいます。このくらいの時間になってくると香水をつけている人の体臭などもでてきますので、これらと混ざり合った香りになってきます。基本的にラストノートはムスクやアンバー系の深みのある濃い香りなどが多いようです。ただ、体臭などと混ざると同じ香水でもそれぞれで違った香りになるという特徴があります。香りで特定の人を思い出すなんてこともあるかもしれませんが、ラストノートがこうした個人の香りのイメージを決定する場合も少なくないようです。

時間で香りが変わらない香水

ここまで、香水の香りの変化について見てきました。ほとんどの香水がこのように時間とともに香りに変化が起きるのですが、中には時間が経っても香りが変化しなかったり、使う人によって香りが変化したりするものもあります。 香りが変化しない香水を「シングルノート」、使う人によって香りが変化する香水を「シンクロノート」と言います。「シングルノート」で代表的なのは「ブルガリブラック」やランコムの「ポエム」でしょうか。「シンクロノート」では、クリニークの「ハッピーフォーメン」などがあります。

人気香水ランキング

ベビードール

評価ポイント: 5.00

レビュー件数: 1

ナイルの庭

評価ポイント: 5.00

レビュー件数: 1

エタニティ

評価ポイント: 4.00

レビュー件数: 1

グレ カボティーヌ

評価ポイント: 5.00

レビュー件数: 1

クロエ

評価ポイント: 5.00

レビュー件数: 1

MCM ルージュ

評価ポイント: 0.00

レビュー件数: 0

アナスイ スイラブ

評価ポイント: 0.00

レビュー件数: 0